蜂の子活用ガイドブック

メインイメージ

蜂の子の概要

蜂の子は様々な栄養素が豊富に含まれているのが特徴的な健康食品です。
古くは2200年前、中国最古の医学書である神農本草経という書物でも紹介されています。
つまり、中国では漢方薬として扱われていたわけですね。

漢方薬は基本的に上品・中品・下品の三つに分類されますが、ハチノコはこのなかでも上品に分類されています。
上品の最大の特徴は副作用が非常に少ないということです。
つまり、危険性やリスクが少ないということ。
さらに、副作用のリスクが少ないので、長期間にわたって飲み続けることができます。
その結果として、幅広い症状をケアすることができるのです。
万能薬のように活用されていたという訳ですね。

また、蜂の幼虫なら、何でも「蜂の子」と呼ぶことができる訳ですが、その中でも品質に違いがあるということを理解しておかなくてはいけません。
数あるサプリメントの中から、高品質なものを選ぶ為には欠かせない知識です。

まず、原材料には高品質なものが選ばれているかどうかを確認しましょう。
どんな蜂の子が高品質かと言うと、それはずばり生後21日目のオスの蜂の子です。
この時期にオスのハチの子は体内のアミノ酸含有量がピークになります。
このピークを過ぎると、アミノ酸は徐々にタンパク質へと変化してしまいます。
吸収率を考えるなら、アミノ酸のうちに摂取するのが一番です。

その点を考慮すると、ハチの子は生後21日目の段階で原材料にするのが理想的なのです!
原材料には、そんな素材が使われていると安心です。

また、ハチの子の主な効果としてはアンチエイジングや生活習慣病予防などの美容と健康に関連するものが挙げられますが、一つ特徴的な効能もあります。
それが耳鳴りに対する働きです。
キーン・ジーンという耳鳴りに対して、ハチの子の摂取が効果的と言われているのです。

いずれにしても、効果を実感するためには、高品質なサプリメントを選ぶことが大切です。
上記した素材の質以外にも、成分の含有量なども意識して選んでいくと良いでしょう。
サプリメントの欠点は、どれくらいハチノコが入っているかということが外見から判断できないこと。
だからこそ、製品の公式サイトなどをしっかりとチェックして、含有量を確認することが大切です。
そして、できるだけたっぷりと有効成分が含まれているものを選びましょう。
しっかりと成分が凝縮されていれば、それだけスムーズに働きを感じることができます。
逆に含有量が少ないと、なかなか変化を感じないかも知れません。
せっかくなのですから、良い製品をしっかりと選びましょう。