蜂の子活用ガイドブック

メインイメージ

蜂の子のビタミン解説

蜂の子には様々な栄養素が含まれています。
カラダの基本となるアミノ酸やミネラルなどなど、その中でも特に注目したい栄養素として、ビタミンが挙げられます。
では、具体的には一体どんな成分が含まれているのでしょうか? その働きを解説します。

そもそもビタミンとは、人間の体に必要不可欠な栄養素。
生きていくために絶対に欠かすことができません。
しかし、現代の私たちは日常的にビタミンが不足気味です。
そこで、ハチの子のサプリメントを活用して栄養素のバランスを整える、ということが注目を集めているのです。

含有される代表的なビタミンとしては、ビタミンAが挙げられます。
この成分は、レバーやうなぎなどに含まれている滋養強壮に役立つ成分。
動物性食品に豊富であるという特徴があります。
脂溶性なので、すぐに使わなかったビタミンAは体内に貯蔵しておくことができるのが特徴。
効果としては、目の健康を維持する働きや皮膚の健康を維持する働きが注目されます。
さらに、動脈硬化や癌などのリスクを軽減する働きもあるのだとか。

このほかには、a-カロテンやβ-カロテンが含まれています。
β-カロテンは体内でビタミンAに変換される栄養素ですが、抗酸化作用が非常に強力であるという特徴があります。
抗酸化作用とは、体内の活性酸素を除去してくれる作用のこと。
これによってアンチエイジングに大きく貢献してくれるのが蜂の子の特徴の一つです。

抗酸化作用を持つ栄養素としては、ビタミンCも挙げられます。
もちろん、これも蜂の子に含有されていますよ!
ビタミンCは抗酸化作用を発揮するだけではなく、コラーゲンの合成にも欠かすことのできない栄養素です。
その為、美肌や美容には必須のビタミン類として知られています。
肌のアンチエイジングを考えている方や美肌を目指す女性はビタミンCをしっかりと補給するようにしましょう。

このほかにも、パントテン酸やナイアシン、葉酸、コリン、ビタミンB群などなど。
多岐にわたるビタミン類が含有されているのが特徴です。
しっかりと活用すれば、様々な側面で効果を実感できるでしょう。

もちろん、必須・非必須を問わずアミノ酸も豊富ですし、ミネラルもしっかりと含有されています。
さらに血液をサラサラにして生活習慣病を予防してくれる不飽和脂肪酸も含有されています。
リン脂質も注目したい含有成分の一つです。
それぞれが相乗効果を発揮して、カラダの中で非常に優れたパワーを見せてくれます。